CITP制度を活用した高度IT人材の育成 ~超スマート社会を支える実践的技術者育成~

著者

(株)中電シーティーアイ松田 信之

キーワード

ITアウトソーシング, ブラックボックス化, 情報子会社問題, IT人材育成, 日本のIT教育 , 情報学 , 高度IT技術者国際認証, CITPコミュニティ

概要

CITP制度創設の背景の一つには、日本のIT技術者の社会的地位が低いことがある。現在日本は米国にITイノベーションで大きく差を開けられているが、その理由も同じと考えてよいのではないだろうか。本論文では、その背景を、米カリフォルニア大学バークレー校Robert E.Cole名誉教授と同志社大学 中田喜文教授との合同研究論文、”The Japanese Software Industry: What Went Wrong and What Can We Learn From It?”を基に分析する。
そしてこの現状を打破しIoTを始めとする超スマート社会に必要な人材を育成するため、日本の先進的なIT企業がどのような考え方で人材育成を行っているのかを探るとともに、CITP制度を用いた人材育成について中電シーティーアイの取り組み事例を紹介する。

report2016_01_matsudaのサムネイル

CITPアニュアルレポート2016の全編は、こちらで入手できます。

カテゴリー: report, report2016 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です