パブリッククラウドの本格利用に伴うネットワークの課題と対策

著者

(株)中電シーティーアイ 豊田 太司

キーワード

パブリッククラウド, インターネット, ADC, キャパシティ管理

概要

企業ネットワークが変革の時期を迎えている。
SaaS(Software as a Service)に代表されるパブリッククラウドサービスの利用拡大に伴い、イントラネット内で処理されていたトラフィックがインターネットへ流出している。このネットワークの変化がもたらす課題はいくつかあり、既存ネットワークに何も対策を行わない状態でパブリッククラウドの利用を始めると、基幹システムが長時間停止する、レスポンスが非常に悪くなる等の思わぬトラブルにつながることがある。
本論文では、インターネット上のパブリッククラウドを本格的に利用する際に、多数の企業が直面する課題について説明すると共に、その対応例について解説する。

CITP_report2017_07_toyodaのサムネイル

パブリッククラウドの本格利用に伴うネットワークの課題と対策

CITPアニュアルレポート2017の全編は、こちらで入手できます。

カテゴリー: report, report2017 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です