JUAS 2016年度研究活動 成果報告会

JUAS 2016年度研究活動 成果報告会

日時:2017年4月19日(水)
場所:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

2016年度のJUASアドバンスト研究会の採択を受け活動を行なってきた2つの分科会「潜在的ニーズを持つサービスの社会価値創出の研究」「実践的IT人材の評価・育成研究会」が研究の成果を発表しました。1年の研究の集大成である論文集「超スマート社会をリードする実践的IT人材の育成と潜在的社会価値を持つサービスの創出」の配布を行い、好評のうちに予定冊数の配布を終了しました。

潜在的ニーズを持つサービスの社会価値創出の研究
演題 発表者
CITP による社会価値創造の取組み 日本 IBM(株)
赤坂亮
映画鑑賞における視覚障碍者のQoL(Quality of Life) 日本電気株式会社
岡田克彦
初中級プロマネのための現場で活かせ!統計情報 (株)ハイマックス
土屋俊樹
日本を元気にする攻めのIT -組み合わせ型のビジネス課題解決- 中電CTI
荒木岳文
実践的IT人材の評価・育成研究会
演題 発表者
CITP 制度を活用した高度 IT人材の育成 ~超スマート社会を支える実践的技術者育成~ 中電CTI
松田信之
ソフトバンク(IT 統括)の人財育成について ソフトバンク
鈴木忠之
人工知能時代のIT人材育成 (株)デジタルフィールド
赤根大吾
小学校段階におけるプログラミング教育と CITPとの連携 (株)野村総合研究所
五十嵐智生
人財能力を実務ベースで可視化する 住友電工情報システム株式会社
岡崎四郎
カテゴリー: イベント, 人財育成分科会, 分科会, 社会価値創造分科会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です